ポリカーポネート PCはバランスの取れた機械的性質を持つ結晶性樹脂で、汎用エンプラ中唯一の透明性樹脂である。
成形収縮率が小さく、寸法精度が良好であり吸水性が少ないので寸法安定性に優れる。
強度、特に耐衝撃性が非常に大きくクリープが少ない。
また、電気特性も非常に良好である。
PCはバランスの取れた機械的性質を持つ結晶性樹脂で、汎用エンプラ中唯一の透明性樹脂である。
成形収縮率が小さく、寸法精度が良好であり吸水性が少ないので寸法安定性に優れる。
強度、特に耐衝撃性が非常に大きくクリープが少ない。また、電気特性も非常に良好である。
ポリエーテルイミド=ウルテム 耐熱性に優れ、150℃以上の温度環境でも優れた特性を保持する
非晶性樹脂素材の中では耐薬品性に優れ、耐紫外線、耐熱水性も良好である

短所
ノッチ感度が高いため、シャープなコーナーや切り欠きを極力避け、Rを極力取る必要がある。
ハロゲン化炭化水素、ケトン、アミン系溶媒、アルカリ(pH9以上)、強酸に冒される
吸水率が、平衡吸水率で0.7%、飽和吸水率で1.25%と大きい

ポリサルフォン 耐熱性に優れ、荷重たわみ温度は174℃あり、ガラスファイバー入りは180℃の耐熱 性を持っており、寸法安定性にも優れています。

ナチュラルグレードはHB相当、ガラスファイバー入りはUL94V-0の難燃性を持って います。
耐アルカリ性、耐酸、耐塩素系に強い性質をもっています。
PPS樹脂と同様に、優れた長期電気特性を持っております。
幅広い温度範囲で(-40℃~174℃)、高い強度と高い剛性を発揮します。

ポリエーテルサルフォン 耐熱性に優れ、荷重たわみ温度は174℃あり、ガラスファイバー入りは180℃の耐熱 性を持っており、寸法安定性にも優れています。

ナチュラルグレードはHB相当、ガラスファイバー入りはUL94V-0の難燃性を持って います。
耐アルカリ性、耐酸、耐塩素系に強い性質をもっています。
PPS樹脂と同様に、優れた長期電気特性を持っております。
幅広い温度範囲で(-40℃~174℃)、高い強度と高い剛性を発揮します。

ポリアセタール バランスのとれた機械的性質

POMはバランスの取れた機械的性質を持つ結晶性樹脂で、特に耐疲労性に極めて優れ、耐クリープ性も良好なエンジニアリングプラスチックです。また、耐摩耗性、耐薬品性、耐クリープ性、寸法安定性にも優れています。ただし、分子中に酸素を多く含んでいることから難燃性の付与は難しく、耐候性もあまり良くありません。

アクリル この透明性は、プラスチック樹脂の中で最も優れており、無機ガラスをも凌ぎます。また耐候性がよく、太陽にあたっても変色したりボロボロになったりしません。
ABS 耐薬品性においては、溶剤に溶けるがアルカリ性・酸性に強い。
接着性、塗装性に優れ、モデル用切削素材として広く使用されています。
表面硬度が高く、光沢も良い。
PBI 荷重たわみ温度300℃の高耐熱性。
PBI、PEEK同様、不純物が少ない。
耐摩耗性は潤滑材なしでも非常に優れます。
切削加工性に優れます。
PBT 強靭、剛性が高く、耐熱老化性に優れる

PBTは、エンジニアプラスチックの中で最も新しい結晶性樹脂で、強靭且つ剛性が高く耐熱老化性(高温でも良好な機械特性を保持)に優れています。
また、電気特性も広い温度域に良好で吸水性も低く耐侯性・耐薬品性にもすぐれバランスが取れています。

ポリエチレン 一般物性

表面はパラフィン状で、非常に滑らかです。
?分子構造はエチレンを直鎖状に重合した(CH2-CH2)nの構造ですが、その重合度nは高密度のポリエチレンの約10倍であり、極めて長い直鎖状高分子構造となっています。 またその非常に高い分子量により、熔融時の流動挙動は殆ど無く、高粘弾性体で、熔融時においても非荷重下ではほぼその原型を保持します。

ポリプロピレン 極めて軽く丈夫

PPは、汎用プラスチックの中で最も軽く、耐薬品性にも優れていることから幅広い産業分野に使用されています。

特長

・電気特性に優れ、耐水・耐薬品性に優れています。
・汎用プラスチック中で最も軽量です。

塩化ビニール(エンビ) 添加する可塑剤によって硬質、軟質にもなり優れた耐水性、耐酸性、耐アルカリ性、耐薬品性を持ちます。また、難燃性であり、電気絶縁性にも優れた物性を持つことから幅広い用途に使用されております。一般的な工業用樹脂としてグレー塩ビ、透明塩ビ、着色塩ビがあります。
ペット 高い機械強度・抜群の寸法安定性・ナイロンに匹敵する耐摩耗性のほかに、電気特性・吸水性・耐薬品性なども非常に優れており、ナイロン・モノマーキャスティングナイロンやポリアセタールの用途分野も十分にクリアすることはもちろん、それ以上に過酷な用途にも展開できる素晴らしいエンプラ素材です。
PPS 特長

・吸水性が極めて低く、線膨張係数も低いことから寸法安定性に優れています。
・耐薬品性に非常に優れ、酢酸のような有機酸はもちろん、塩酸、硫酸のような無機の強酸にも耐えます。また、強アルカリにも侵されません。
・連続使用温度は220℃と高いが、ガラス転移点が90℃と低いため、高負荷で高温下の使用には注意が必要です。
・高強度、高剛性を有し、耐疲労性、耐クリープ性にも優れています。
・摩耗摺動性の高い推奨グレードは、「PPS230AE3」です。

MCナイロン 従来のナイロン樹脂に比べて、機械的強度耐久性に優れています。また、耐摩耗性、自己潤滑性に優れており、潤滑油を嫌う食品や繊維などの機械部品に最適である。
三フッ化 フッ素樹脂の種類の一つで、耐熱性、耐薬品性、耐候性、耐水性、防湿性、機械的特性、電気的特性に優れています。理化学実験器具向け部品として多く使われております。
テフロン フッ素樹脂の代表的な材料で最大の特徴は、耐化学薬品性と自己潤滑性が優れている。切削性は極めて良好ではあるが、温度による膨張、収縮は大きく加工の際の寸法公差は使用時の温度条件を基準に考えねばなりません。
ピーク 特長

耐熱水性に優れ、200~260℃のスチーム中で連続使用可能。短時間であれば300℃に耐え、プラスチックの中では最高の耐熱水性を有しています。
耐薬品性に非常に優れ、高温下での耐酸・耐アルカリ性に極めて優れています。但し、濃硫酸には侵されます。
連続使用温度は260℃と高いが、ガラス転移点は143℃と低いため、高負荷で高温下の使用には注意が必要です。
高い難燃性と燃焼時における煙、有毒ガスの発生が非常に少ない樹脂です。
摩耗摺動性の高い推奨グレードは、「PEEK(NC)」、「PEEK430AE3」、「PEEK4000」、「PEEK4110」です。


ページ上部へ



お見積り・お問い合わせ工場見学